音・旅・自然

年長者はコミュニティの宝〜『神との対話』とナバホ族の話

5月も半ばとなりましたが
いかがお過ごしですか

14日には
まだ感染者が多い首都圏や地方都市を除き
が全国39県で緊急事態宣言が解除されました

私の住む宮城県では
学校は今月いっぱいは休校ですが

週末から
美術館 映画館 水族館などの施設が
再開だそうです

しかしながら
世界各国では
自粛解除してから
また感染がぶり返した例も多いですから

医療の専門家チームから
はっきりと終息判断が出るまでは

これまでのように
外出時は過密になる場所や時間帯を避け
マスク 手洗い 消毒 換気で
うつさない 運ばない を
心がけたいですね

自粛生活も長くなってきて
オンラインがあるとはいえ
直接の人や物との接触が恋しくなったりする自分を感じ

ああ
やっぱり三次元を体験したくて
生まれてきてるんだな
なんて思ったりしていますが 
みなさんはいかがですか^^;

そんな思いが伝わったのか

昨日プランターの花や野菜に水をやっていると
お向かいのご年配の奥様が声をかけてくださって

あら〜きれいに咲かせてるわね〜
ちょっとお茶飲みに来ない? と
誘っていただきました

さっそくおよばれすると
テーブルの上には
新物の筍とぜんまいとさつま揚げの美味しそうな煮物
それに
ご主人が漬けてくれたというお漬物とお茶と羊羹!!

おいしい料理をいただきながら
よもや話と相成りました

デイサービスのスタッフさんたちがね
若いけど 女の子も男の子もみんないい人たちで
一生懸命で 優しいのよ〜

ほんとにありがたくてね
私もいつもありがとうって言っちゃうの

この頃は
リハビリの他に
みんなで手縫いでマスクづくりしましょうと
材料を準備してくれて

ほら縫ってきたのよ〜と
すてきなマスクを見せてくださいました。

こんなふうに
会う人をいつも感謝の目で見られる方だから
まわりのひとたちも ますますこの奥さんに
親切にしたくなるんだろうなあ〜と思いました

帰りには
コロナ予防にね と
田子にんにくの黒焼きをいただき
また来てねと見送っていただき
幸せな気持ちで帰りました

そこでつながったのが
ちょうど ブックカバーチャレンジの3冊目で紹介しようと思っていた
この本(全3巻ですが^^;)です!! 

『神との対話』 1〜3
ニール・ドナルド・ウオルシュ著 吉田利子訳 サンマーク出版

この本は作者のニールが
仕事に失敗し
お金も友人もパートナーも
何もかも失って

ゴミ箱をあさるほどにどん底の生活になり
思わず 神をののしった時に
突然始まった
「神」との対話を記録したものです。

それぞれの巻に
私たち人間が
どうにしたらもっと自由に
自分自身を実現しながら生きていけるのか
明確で 時に驚くような対話が続いていきます

まさに2020年の今を語っているような箇所や
ここから先の社会のありかたや 
世界の方向性を語っているような箇所もあって
読み直して興奮しました!!

(所有やべーシックインカム
 未来の子育てや教育
 国際政府や宇宙人の話まででてきます^^;)

そちらはぜひ直接読んでいただくとして

3巻の第1章に

ほんとうは人生は誰でも思うように生きられるのに
そうなっていないのは

大勢の人が
自分を生きるのでなく
相手の顔色を見て
相手に合わせて生きているからだ
という話がでてきます

そしてその根っこには
「罪悪感と不安」があり
それはたいてい 親によって教え込まれていると
神は言うのです^^;

しかし 親もまた 
その親によって
そのような罪悪感や不安を植え付けれれてきている

人として
自分の価値に自信や誇りが持てず
人として成熟する時間のないまま
大人にならなければいけない社会を
あなたがたはつくってきてしまった
と「神」は指摘するのです

***********  以下引用  ***************

「大抵の親は、ほんの短い人生経験しかないまま、子育てをする。
 自分自身が何者なのか、親たちにまずい決め方をされて、
 それをなんとか克服しようとしている最中なのに、(親になってしまい)、
 こどもに何者かを教えようとする。だから、自分の人生も、子どもたちの人生も間違ってしまう。」

 「どうすれば変えることができますか?」

 「尊敬する年長者たちに子育てをゆだねなさい。」

〈略)

 「進んだ種族の社会では、年長者がこどもたちを育て、
 慈しみ、訓練し、智慧や教えや自分たちの伝統を伝える。」

〈略)

「あなたがたは、互いから遠ざかってきた。家族を分裂させ、
 小さなコミュニティを解体して、大都市をつくった。
 大都市にはおびただしい群衆がいるが、一人ひとりが集団への責任を感じるような
 部族、グループは数少ない。

 だから実質的にはあなたがたには年長者がいない。とにかく、手の届くところにはいない。
 年長者から遠ざかるよりもっと悪いことに、あなたがたは彼らを押しのけた。片隅に追いやった。
 力を奪った。恨みさえした。」

(略)

「真実を、人生を知っているのは年長者だ。何が重要でないかを知っているのも年長者だ。
 誠実とか正直、忠実、友情、愛といった本当の言葉も知っている。
 尊敬する年長者たちに子育てをゆだねなさい。」

〈略)

「あなたがたの種は最近になってコミュニティづくりを強調し、拡大家族を築くようになった。
 しかも若者たちはだんだん年長者を尊敬するようになり、
 彼らの人生に価値や意義を見出し始めている。
 これは有意義な方向への新しい第一歩だね。こうして事態は「方向転換」する。」

*******引用ここまで************

昔アリゾナに旅した時
アメリカ先住民の ナバホ族の青年と話す機会がありました
暮らしの話をいろいろ聞いていた時
ナバホでは お年寄り〈年長者)の世話は孫にさせるのだと彼が教えてくれました

5歳から10歳ぐらいのこどもは
おじいさんやおばあさんと住んで
食事の世話や身辺の世話をさせるのだそうです

一緒に暮らしながら
こどもは年長者から人生を生きる智慧を教えてもらい

同時に おじいさんやおばあさんの様子を見て
人間は歳を取ると弱っていき
いつか肉体は母なる大地に
魂は大空へ帰ってゆくのだということを学ぶのだ

そして智慧ある年長者と過ごしたこどもたちは
智慧を学び
智慧ある年長者に
自然と敬意を払うようになる

また
弱き人 老いた人 助けがほしい人に
自然と優しくできる若者に育つのだ

そんなふうに 私たちの部族では信じられているんだよ
と 彼はいいました

『神との約束』にでてくるあなたがたの中の「すぐれた種族」の部分を読んだ時
このナバホの彼に聴いた話を思い出しました

そして 一昔前の日本にも
そういうお年寄りの智慧に
敬意を払う伝統はあったと思いました

お向かいさんとのお茶っ子
大事にしよう!!

これもコロナのプレゼントだなと思った一日でした

それでは今日もうすてきな一日を♪

RELATED POST